報酬はどれくらい?

大手企業の月収は?

私たちがよく利用する配達会社として有名なのは、佐川急便やヤマト運輸ではないでしょうか。
ここでは、その二社の月収を見てみましょう。

まず佐川急便ですが、代表して関東エリアの月収を見てみると、29万3000~43万2000円程度です。
試用期間中でも24万3000~37万2000円と、全国で比べるとトップクラスの月収を誇ります。

ヤマト運輸はというと、月給15万円以上に加え、歩合給があります。
佐川急便に比べて少ないように見えるかもしれませんが、平均の月収は35万とおおきな差はなく、歩合制によって高給を取得しやすくなっています。

勤務時間は、荷物の量によって変化することがしばしばです。
早朝から夕方までがほとんどですが、退勤が夜になってしまうこともあります。

他の働き方はどうか

コンビニなどの店舗に商品を配送する、いわゆるルート配送は、荷物量が安定していることが特徴です。
正社員の平均月収は30万円程度といわれています。
しかし、会社によって大きく異なることもありますから、参考程度にとどめてください。

荷物の量が一定であるため、配送時間も決まっています。
長時間労働になることはほとんどありません。
早朝から夕方、夕方から翌日の朝までなどのパターンがあります。

一度例に挙げたコカ・コーラの配達も見てみましょう。
こちらは、固定給に加えて時間外手当が出されるパターンと、基本給に加えて歩合給が出されるパターンがあります。
いずれにしろ、月給は30万程度と、先ほどのルート配達とほぼ同じです。
しかし、勤続年数が増えれば給料もあがり、ボーナスがでることもあります。
大手企業ならではであると言えます。


この記事をシェアする