ますます便利になる宅配

宅配の仕事内容

私たちがよく利用する通販などで注文した荷物を届けてくれるのは、配達ドライバーの方たちです。
届け先は個人宅から企業であったり、運営中の店舗であったりと様々です。
引っ越し作業も、配送や配達の業務形態の一つです。

大まかな仕事の流れは、梱包された荷物をトラックなどに積み、指定された場所へ届け、清算する、といった感じです。
引っ越し業務の場合は、依頼主の新居へ荷物を届けます。

もう少し詳しく見てみましょう。
特に、店舗に配送する場合は、届けた荷物がそのまま商品として扱われます。
コンビニなどがメインになります。
また、コカ・コーラの配送はコカ・コーラ商品のみを扱うという特徴があります。
他の会社では基本的にどの企業の商品でも配送するので、かなり特徴的ですね。

配達業が向いている人って?

配達業には、どんな人が向いているのでしょうか。
仕事内容の観点から考えてみましょう。

配達の際は、ドライバーは個人もしくは企業の大切な荷物を預かっています。
よって、丁寧に荷物を扱い、確実に目的地に届けられる責任感の強い人が向いていると考えられます。

配送の際に欠かせないトラック。
大切な移動手段であり、相棒です。
車の運転がメインですし、車で待機することもよくあります。
多少でも、車の運転が好きであるというのは、仕事を続けやすいかもしれません。

全国各地に荷物を運び、さらに人とも接する宅配業務では、体力勝負になることもあります。
体力に自信のある方が向いていると言えるでしょう。
力仕事も多いので、体調を崩しやすい人は難しいかもしれません。


この記事をシェアする